スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南部縦貫鉄道線

南部縦貫鉄道本社屋 国道沿いの古い案内板 南部縦貫鉄道の表記がある南部縦貫鉄道線(なんぶじゅうかんてつどうせん)は、かつて青森県上北郡野辺地町の野辺地駅から同郡七戸町の七戸駅を結んでいた南部縦貫鉄道の鉄道路線。旧型レールバスの運行が行われていたことで、鉄道ファンなどの間では有名であったが1997年に休止、2002年に廃止されている。概要この路線を運営していた南部縦貫鉄道は沿線の開発を目的に自治体が資金を拠出して設立された。免許を取得し着工したものの沿線自治体は寒村ばかりで資力に乏しく、すぐに資金が尽き工事が中断される。しかし、東北地方の砂鉄を利用する「むつ製鉄」が沿線の天間林村(当時)から南部縦貫鉄道で砂鉄輸送を行う構想が持ち上がり、むつ製鉄の事業主体である東北開発会社が南部縦貫鉄道に出資し、1962年にようやく開通にこぎつけた。開通にこぎ着けたものの、輸入鉄鉱石の価格下落により1965年にむつ製鉄の計画は頓挫、天間林からの砂鉄輸送はほとんど行われないまま中止されてしまう。並行道路にバスが走っていることから旅客も見込めず、1966年には会社更生法の適用を申請することとなった。鉄道事業だけでは経営が成り立たないため、自治体から清掃事業や給食調理を受託し、その収益で存続してきた。しかし、野辺地 - 千曳間の国有地である旧東北本線の路盤を借用して運行してきた区間について買い取りを要請され、その資金が捻出できないことから休止を余儀なくされた。その後、沿線自治体によって路盤の買い取りが行われたが、休止中に荒廃した鉄道施設の復旧が予想以上に困難であったことから復活を断念している。現在は、旧七戸駅構内で当時の車両が動態保存されている。なお、当路線を運営していた会社は鉄道事業廃止後もタクシー事業者として営業を続けており、2004年に南部縦貫株式会社(タクシー事業の通称は「縦貫タクシー」)と社名変更している。路線データ路線距離(営業キロ):野辺地 - 七戸間 20.6km軌間:1067mm駅数:11駅(起終点駅含む)複線区間:なし(全線単線)電化区間:なし(全線非電化)閉塞方式:票券閉塞式歴史1953年(昭和28年)12月23日 - 南部縦貫鉄道設立。1962年(昭和37年)10月20日 - 千曳 - 七戸間開業。1963年(昭和38年)4月1日 - 後平駅、坪川駅開業。1964年

普天間の海外移設、軍の機動性に影響…米駐日大使(読売新聞)
「きぼうを使い尽くせる」=宇宙基地運用延長に日本側-月探査断念「影響少ない」(時事通信)
中川氏、前途多難 政界再編へ勉強会 自民は冷めた反応(産経新聞)
前原国交相「胆沢ダム談合情報あった」(産経新聞)
グアム移設に全力=社民・福島氏(時事通信)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のぐちあきらさん

Author:のぐちあきらさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。