スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護保険の抜本改革に向け12の政策提言―公明(医療介護CBニュース)

 公明党は2月24日、介護従事者の処遇改善や施設待機者の解消など12項目の政策提言を盛り込んだ「新・介護公明ビジョン」をまとめ、鳩山由紀夫首相に提出した。同党が昨年実施した「介護総点検」活動の結果を踏まえたもの。同日記者会見した山口那津男代表は、「大きな方向性としては一致しているという総理の認識があった。今後具体的な提案をしながら政策実現に努めたい」との意向を明らかにした。

 同党は昨年11-12月に、国会議員や地方議員約3000人が介護現場を訪問するなどして、事業者や従事者、要介護認定者・介護家族などを対象とした調査を実施。その結果を基にビジョンを策定した。

 政策提言では、介護従事者の処遇を改善するため、昨年10月からスタートした介護職員処遇改善交付金の支給対象を介護職員以外にも拡大した上で、将来的には介護報酬引き上げにつなげるべきとした。
 また、「団塊の世代」が75歳以上となる2025年までに介護施設待機者を解消するための方策として、介護保険3施設(介護老人保健施設、介護老人福祉施設、介護療養型医療施設)の倍増、特定施設入居者生活介護やグループホームなどの3倍増を挙げた。山口代表は「総理からは、施設の不足に対応する必要があるという認識が示された」と述べた。
 在宅介護体制の支援強化策については、▽介護保険料の上限を設けた上で、24時間365日の訪問介護サービスを拡充すること▽介護保険を3年間利用しなかった高齢者や介護ボランティアに参加した高齢者の介護保険料などを軽減すること▽介護家族が休息を取れるよう、一時的に施設や病院が高齢者を預かる「レスパイトケア事業」を拡充すること―を明記した。
 このほか提言には、介護保険の公費負担割合の引き上げや要介護度を軽減させた事業所への介護報酬上の評価、事務手続きや要介護認定審査の簡素化、施設職員の配置基準の見直し、ケア付き高齢者住宅の拡充などを盛り込んだ。

 一方で山口代表は、実現のための財源について「これからの検討課題」とした。その上で、「特定の税や保険料に財源を求めるのではなく、保険料や税、給付を全体として検討した上で、大きな方向性を国民に示して理解を求める必要がある」との考えを示した。


【関連記事】
介護従事者の8割「業務内容に対し低収入」―公明党調査
介護保険の事務手続き見直しで意見募集―厚労省
介護職員処遇改善交付金の申請率は80%に―厚労省
高齢者住宅の整備は将来を見据えて―住生活月間でフォーラム
25年には労働力人口の1割が医療・介護に必要―宮島老健局長

衆院議長不信任決議案を否決(産経新聞)
予算委分科会は欠席=集中審議出席の方針-自民(時事通信)
審議拒否戦術、自民党総務会で批判噴出(読売新聞)
「浮気と思った」17歳少女を刺した42歳男逮捕(読売新聞)
<お手柄中3生>火災の住宅から幼い姉妹ら救出 大津(毎日新聞)
スポンサーサイト

トヨタ社長の対応に苦言=米公聴会出席めぐり-前原国交相(時事通信)

 前原誠司国土交通相は19日の閣議後会見で、米下院の公聴会にトヨタ自動車の豊田章男社長が出席することについて、「結構なことだ」と評価した。その上で、「安全性という命にかかわる問題なので、しっかり対応するのがメーカーの責務」と強調。「(豊田社長が出席を決断するまでの)途中で二転三転し、出ないという話があったのは残念」と苦言を呈した。
 米国内でトヨタへの批判が収まらないことに対しては、「悲観していない」と指摘。「米当局ともしっかり連携しながら、日米間の良好な同盟関係を維持・管理していくのがわれわれの責務」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~

伊予路に春の足音 松山で「椿まつり」(産経新聞)
<訃報>藤田まことさん76歳=俳優「てなもんや」「必殺」(毎日新聞)
<中国映画>道東が舞台のストーリー 北海道9市で上映(毎日新聞)
<太陽の塔>目が光ります 3月27日から大阪・万博公園(毎日新聞)
医療費の明細書、病名告知との関係に懸念(医療介護CBニュース)

冬の夜、静寂に包まれる大内宿(産経新聞)

 底冷えのする冬の夜、福島県下郷町の大内宿は静寂の中にあった。聞こえるのはかやぶきの民家の前の水路を流れる水の音だけ。屋号を記した行燈(あんどん)がぼんやりとともり、民家の列を浮かび上がらせいた。軒先には氷柱がきらきらと輝いていた。手袋をしても、指先がかじかんだ。

 大内宿は、日光と会津若松をつなぐ会津西街道(別名下野街道)沿いに開けた宿場町。立ち並ぶ約40軒の民家が江戸時代の面影を残している。昭和56年には、重要伝統的建造物群保全地区に選定された。

 昨年は約116万人の観光客が訪れた。土日などのETC利用高速料金1000円の効果もあり、前年より7%増えた。昨夏来たときは平日だったが、駐車場に入れない車が渋滞をなしていた。冬でも、土日なら200~300台、平日でも100台前後の車が来るという。

 2月中は毎日、ナイトツアーも行われている。問い合わせは芦ノ牧温泉観光協会(電)0242・92・2336。

【関連記事】
シンガポールに公式カジノがオープン 観光客は呼びたいが…
松井秀人気、早くも主力級 グッズの売れ行きも上々
目指せアベベ 北海道でスキー指導したエチオピア人選手 スキー距離
韓国と秋田、深くて意外なその関係とは? 秋田テレビ・後藤美菜子アナウンサー
あの派手な看板は何? 中国の観光サイトで「グリコ」人気

<地震>福島、茨城などで震度3=午後6時53分(毎日新聞)
教師が生徒の父に手紙で「死ね」(スポーツ報知)
渡辺・みんなの党代表、舛添氏らに「新党を」(読売新聞)
「セクシー系」アプリ続々削除 アップルに開発者がブーイング(J-CASTニュース)
<雑記長>120年前沈没のトルコ軍艦に明治天皇寄贈の遺品(毎日新聞)

<介助犬>役割や現状訴えるパネル展始まる 東京・千代田区(毎日新聞)

 手足の不自由な人を助ける介助犬への理解を深めてもらおうと「介助犬社会活動啓蒙(けいもう)パネル展」が18日、東京都千代田区六番町の財団法人JKA1階ロビーで始まる。開催に先立つ17日には、記者会見で介助犬サポート大使を務める歌手のジュディ・オングさんらが「介助犬の存在を多くの人に知ってほしい」と訴えた。3月12日まで(土、日曜日休館)。入場無料。

 会場には介助犬の役割や国内に49頭(1月現在)しかいない現状についてのパネルと、身体障害者補助犬法制定に活躍した介助犬シンシア(06年死亡)の写真など計約20点が展示される。

【関連ニュース】
介助犬:「身近に感じて」 九州にはまだ1頭、別府で普及イベント /大分
補助犬:「シンシアのまち」宝塚市、健康管理に助成 10年度予算計上 /兵庫
木版画展:ジュディ・オングさん展覧会、2万人突破 /福岡
寄付:介助犬支援、新たな一歩 宝塚の会社、業績に応じ寄付 /兵庫
あっぷ:福岡アジア美術館で木版画展開催中、ジュディ・オングさん

<首相偽装献金>元秘書の初公判は3月29日(毎日新聞)
参政権掲載は6教科書 センター試験 つくる会が疑問点 (産経新聞)
出産育児一時金で「経営難」 分娩費用値上げに動く(J-CASTニュース)
<大阪ガス>ロボットでガス管点検 阪大と共同開発(毎日新聞)
<バンクーバー五輪>スピード競技ウエア 下着透けてる?(毎日新聞)

福井県、全国学力テスト全校実施 (産経新聞)

 全員参加から抽出方式に変更される全国学力テストについて、福井県は19日、抽出外の学校を含めた公立の全小中学校でテストを実施する方針を明らかにした。同県教委によると、県内の公立小中学校287校のうち104校が抽出される予定だが、学力向上策の検討には全員参加の継続が望ましいとしている。教員OBらに採点を依頼する。

将棋 王将戦第4局開幕 先手の羽生が角道を開ける(毎日新聞)
雑記帳 雇用対策でアイスづくり 千葉・市原(毎日新聞)
<受動喫煙防止>百貨店なども原則全面禁煙 厚労省通知へ(毎日新聞)
【1都4県週刊知事】埼玉 上田清司知事 高速無料実験に異議(産経新聞)
死亡ひき逃げ過去最少=大阪、愛知で大幅減-「大したことない」と逃走増加・警察庁(時事通信)

<将棋>久保が3勝目 74手で羽生降す 王将戦第4局(毎日新聞)

 松江市のホテル一畑で17日から行われた第59期王将戦七番勝負の第4局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、山陰中央新報社など後援、小松電機産業、人間自然科学研究所特別協賛)は18日午後5時36分、74手で挑戦者の久保利明棋王(34)が羽生善治王将(39)を破り、対戦成績を3勝1敗とした。残り時間は羽生39分、久保28分。第5局は3月10、11の両日、和歌山県白浜町のコガノイベイホテルで行われる。

【関連ニュース】
将棋:王将戦第4局開幕 持久戦調の展開に
将棋:17日から王将戦・第4局
将棋:久保が逃げ切り、2勝目…王将戦・第3局
将棋:17歳・里見が初の女流名人獲得 倉敷藤花と2冠に
将棋:王将戦七番勝負第3局始まる 今期初の相振り飛車に

【from Editor】「一票の格差」なくすには(産経新聞)
ヤマノHD会長がインサイダー取引=故山野愛子さんの三男-監視委(時事通信)
元特攻隊員に64年ぶり被爆手帳=長崎湾の魚雷艇、「証拠なく苦労」-宮城(時事通信)
<自民党>「予算案」に消費税上げ明示せず(毎日新聞)
刑務所侵入容疑 元受刑者を逮捕 京都府警(産経新聞)

町工場の「技」世界へ バンクーバー五輪、国産リュージュで入賞狙う(産経新聞)

 バンクーバー冬季五輪が開幕。13日(現地時間12日)からの夢舞台に挑むのは出場選手だけではない。「氷上のF1」とも呼ばれるソリ競技の「リュージュ(仏語で木ゾリ)」では、日本の町工場が技術を結集し、世界に挑戦する。他にもスノーボード選手が、転倒などから体を守るパットなど、町工場による「メード・イン・ジャパン」製品が世界に挑む。(小川寛太)

                   ◇

 「世界最先端の日本の技術を用いて戦いたい」

 新潟県魚沼市の木材加工会社「貫木産業」は3年ほど前、リュージュ日本代表の高松一彦コーチから、ソリが氷上のコースと接地する足の部分「クーへ」の開発を依頼された。

 リュージュは、クーへと選手が乗る「シャーレ」に分かれる。これまで双方とも、ポルシェ(独)やフェラーリ(伊)といった自動車メーカーが開発した製品などが使われてきた。

 だが、高松コーチには、「メード・イン・ジャパン」で世界に挑みたいという思いがあった。駆け込んだのが、従業員は6人ながら、木にプラスチック樹脂を注入して強度を向上させる技術を持っていた貫木産業だった。ゴルフのシャフト強化のために開発された技術だった。

 リュージュは、最高時速が140キロにも達する。遠心力などでソリが滑走中に変形すれば、致命的なタイム差を生むことがある。

 同社は、一般に30%程度が限界とされる樹脂の含浸率を最高80%にまで上げ、これまでより強度が4倍のクーへを作り上げた。

 「木材も堅い国産のハードメープル材を使用するなど、国産にこだわった」と今井幸吉社長(63)。

 昨年12月の全日本選手権では、五輪に出場する女子の原田窓香選手が同社製のクーへを使って7連覇を達成。今井社長は「五輪の舞台に立てるのは最高の思い。1つでも順位を上げ、入賞(8位以内)も狙ってほしい」と目を細める。

 札幌市にある従業員約10人の鉄鋼加工会社「三島工業」も、高松コーチからソリ作りの打診を受けた。

 三島久人社長(60)は、同じソリ競技のボブスレー国産第1号の開発にも携わっていたことから白羽の矢が立った。

 ただ、「ボブスレーとリュージュはまったく別物」と三島社長。一度は断ったが熱意に押される形で今回の五輪に向け、主に「シャーレ」の部分を担当した。

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)など研究機関や研究者の協力も得て、滑走中の空気抵抗などを調べる風洞実験から始めた。

 進路の微調整を行う足の動きが、空気抵抗に大きく影響することが分かった。そのため、ソリの進路調整を足ではなく肩で行う方法に変えることを提案。五輪の直前まで連日徹夜作業を続け、シャーレだけでも7度も作り直したという。

 三島社長は「本当の意味で、この五輪が日本のソリ開発の出発点になる。今は本番が楽しみ」と選手の活躍に期待を寄せている。

 両社が携わった製品は16日(日本時間)から氷上を走る予定。

石巻2人刺殺 南部さん、大森さんの葬儀や通夜行われる(毎日新聞)
橋下知事「パーフェクトな予算」 自画自賛の会見2時間半 (産経新聞)
「高校無償化」の留保撤回へ=国際人権規約で対応-政府(時事通信)
防衛大綱の有識者懇、座長に京阪電鉄・佐藤氏(読売新聞)
アパート火災で2人死亡 東京・練馬(産経新聞)

税制法案が審議入り=自公反発も本会議出席-衆院(時事通信)

 衆院は16日午後の本会議で、所得税法改正案など税制関連法案について、菅直人副総理兼財務相らによる趣旨説明と各党の質疑を行った。また、後藤昇弘運輸安全委員会委員長の再任など3機関10人の同意人事案について与党などの賛成多数で可決した。
 税制関連法案には、ガソリン税の暫定税率維持やたばこ税率引き上げなどが盛り込まれている。与党は、2010年度予算案と税制関連法案を一括して26日に衆院通過させたい考え。
 これに対し、自民党など野党側は、政治資金規正法違反罪で起訴された石川知裕衆院議員(民主党を離党)に対する辞職勧告決議案の早期採決を主張。松本剛明衆院議院運営委員長(民主)が本会議開催を職権で決めたことに反発したが、同委員長が16日昼の議運委理事会で石川議員の辞職勧告決議案の採決について「適宜適切に判断した時には各党各会派の協力を願いたい」と述べたため、本会議出席に応じることにした。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~

<普天間移設>「5月末」なら県内移設が軸 国民新・下地氏(毎日新聞)
中3女子宅に放火容疑で再逮捕=脅迫の龍谷大生-大阪府警(時事通信)
「衣類」の落とし物、過去最多=「傘」抜き品目別でトップ-東京(時事通信)
NY原油急反発、76ドル台(時事通信)
民家火災で2人死亡=居住の夫婦か-埼玉・越生町(時事通信)

<調査捕鯨>調査船を妨害 1隻は現場を離れる(毎日新聞)

 日本鯨類研究所によると日本時間17日午前8時ごろから正午にかけて、南極海で調査捕鯨をしていた調査母船「日新丸」(8044トン、小川知之船長)が、反捕鯨団体「シー・シェパード(SS)」の抗議船「スティーブ・アーウィン(SI)」号から妨害を受けた。

【写真と動画で見る】調査船と抗議船衝突の瞬間や今年に入ってからの様子を写真と動画で

 SI号は船尾からブイの付いたロープを流しながら日新丸のスクリューや舵を狙って、船首直前を横切ったり、放水するなどして妨害。SI号は16日にもプラスチック製の球状の物体を多数投げ込むなどした。日新丸側に被害はなかった。日新丸は音声放送や放水で警告しているという。また、SI号とともに妨害活動を行っていた「ボブ・バーカー(BB)」号は、現場から離れた。

 SSは昨年末から妨害を繰り返してきた。先月6日にはSSの抗議船「アディ・ギル(AG)」号が調査船「第2昭南丸」(712トン、小宮博幸船長)に衝突し、AG号が大破。11日夜の妨害では、液体入りの瓶を撃ち込まれた第2昭南丸の乗組員3人に液体がかかって痛みを訴えて手当てを受けた。今月15日には第2昭南丸に、衝突・大破したAG号のニュージーランド人の男性船長が乗り込んできたため、日本の船員法に基づき身柄を保護し、24時間の監視下にある。【デジタルメディア局】

【関連ニュース】
【写真特集】衝突大破したアディ・ギル号が妨害をする様子
【写真特集】シー・シェパード:ロープ投げつけなど妨害 捕鯨調査船を
シー・シェパード:メンバー刑事処分を協議へ 調査船侵入
シー・シェパード:「日本の法廷で闘う用意」

休校や学級閉鎖、2週連続で減少=一部で季節性も、新型インフル-厚労省(時事通信)
人の見た目は歯が命? ライオンが意識調査(産経新聞)
羽毛田長官「様子見たい」 陛下の「夜のご執務」で (産経新聞)
<3カ月長男虐待>容疑の父親逮捕 脳に傷害か 大阪(毎日新聞)
「体が勝手に動いた」=背後に警笛、迫る電車-線路転落女性救助の男性(時事通信)

<火災>宮崎・都城で住宅全焼 2人焼死 (毎日新聞)

 14日午前4時10分ごろ、宮崎県都城市高城町有水(ありみず)の上津曲勇夫(かみつまがり・いさお)さん(78)方から出火しているのを近所の人が発見、119番通報した。約1時間10分後に鎮火したが、木造平屋の住宅と、隣接する鉄骨2階建て倉庫計約165平方メートルを全焼した。住宅焼け跡から焼死体が2体発見された。

 県警都城署の調べでは、上津曲さんは妻久子(ひさこ)さん(80)と2人暮らし。鎮火後、2人の行方が分からなくなっている。同署は焼死体の身元を調べている。

【関連ニュース】
火災:住宅の一部焼き、妻が死亡 夫は重傷 東京・大田
火災:名古屋市緑区でアパートの部屋燃える 男性が死亡
火災:ケニア大使公邸が半焼 けが人はなし 東京・目黒
群馬・たまゆら火災:借金返済のため運営 高桑容疑者供述
群馬・たまゆら火災:施錠は07年夏ごろから

<無人偵察機>飛行試験中に墜落、海へ落下 防衛省(毎日新聞)
山形・東根市議が自殺=県警が事情聴取(時事通信)
上司の「退職」発言でうつ悪化=日通に330万円賠償命令-大阪地裁(時事通信)
2010年度診療報酬改定のポイント(1)(医療介護CBニュース)
<四国電力>伊方原発3号機 MOX燃料取り付け作業始める(毎日新聞)

モテモテひこにゃん、「サンマ」チョコも(読売新聞)

 バレンタインデーの14日、滋賀県彦根市の人気キャラクター・ひこにゃんに、28都道府県のファンからチョコレートなどのプレゼントが224個届いた。

 大半が若い女性や子どもからで、サンマの塩焼きの形をしたユニークなチョコも。「けがせずに頑張って」「毎日会いたい」などの手紙も添えられている。

 2006年のデビュー以来、プレゼントは増える一方とか。市職員は「ゆるキャラの世界でも、ひこにゃん人気はすごい」。

改修費はどこから?首相公邸を一部改修(読売新聞)
HIV感染者減る!新型インフルで関心薄れ?(読売新聞)
もんじゅ、運転再開を容認=ナトリウム漏れから14年-経産省(時事通信)
小沢幹事長「辞任を」74%、内閣不支持47%(読売新聞)
内閣不支持45%、支持36%=内閣発足後、初の逆転-時事世論調査(時事通信)

<「梁山泊」脱税>代表と2社を起訴…大阪地検特捜部(毎日新聞)

 パチンコ情報会社「梁山泊」グループの脱税事件で、大阪地検特捜部は8日、法人税法違反容疑で逮捕したグループ代表の豊臣春国容疑者(59)=札幌市中央区=とグループ会社2社を同法違反罪で起訴した。グループ幹部(45)と経理担当者(55)は、起訴猶予処分にした。

 特捜部などによると、豊臣被告は起訴内容を認め、「簿外の借入金の返済や新事業への投資に金を使った」と供述。生活費などにも充てたという。

 逮捕時、脱税額は約4億3000万円とされたが、特捜部は2社が支払った簿外の借入利息などを経費として認め、起訴された脱税額は約1億5000万円少ない約2億8000万円となった。

 起訴状などによると、豊臣被告は架空仕入れを計上するなどの手口で、グループ会社「ビジネス・ジャパン・ウエスト」と「HAL21」の04~06年の所得約9億4000万円を隠し、約2億8000万円を脱税したとされる。重加算税は約9900万円に上る見込み。【久保聡】

【関連ニュース】
低額宿泊所運営:「FIS」の3人在宅起訴 所得税法違反
所得隠し:マルチ商法3社が90億円 仮想空間での投資話
脱税:秋山被告に懲役3年求刑 防衛コンサルタント事件
脱税容疑:組長ら逮捕 銀座のビル転売所得隠す
無料低額宿泊所:FIS幹部3人を在宅起訴へ 脱税で

輸血準備「いらん」 執刀の山本病院理事長、患者死亡の一因か(産経新聞)
2010年度診療報酬改定のポイント(3)(医療介護CBニュース)
雑記帳 “裏”もあります 京都の消防署出張指導メニュー(毎日新聞)
香港警察が天賞堂の現場で侵入経路を確認 高級腕時計窃盗事件(産経新聞)
<アホウドリ>ヒナ15羽、鳥島から移送(毎日新聞)

冬まつり用に作った雪だるま、50個壊される(読売新聞)

 6日午前6時40分頃、旭川市の「旭川冬まつり」の開幕に合わせて「旭川買物公園」全域に並べられていた高さ約40~50センチの雪だるまが多数壊されているのを、ビルの警備員が見つけ、旭川中央署に届け出た。

 壊されたのは約50個で、雪だるまを製作した「旭川平和通買物公園企画委員会」からの被害届を受け、同署で器物損壊事件として調べている。

 雪だるまは、地元の商店主や高校生ら約100人が製作し、5日に約170個を旭川買物公園内の腰掛けの上に飾ったばかりだった。約1キロある公園全域で首がもがれたり、横倒しにされたりしており、同委事務局では「作ったばかりでこんなに壊されるとは」と憤っていた。

犬小屋全焼、イヌ70~80匹が死ぬ 奈良(産経新聞)
<トヨタ>プリウス改修 名古屋の販売店でも開始(毎日新聞)
雑記帳 バレンタインデーには「油揚げ」…ハート型です(毎日新聞)
告訴受理忘れうその日付記載=警部補を書類送検、減給-千葉県警(時事通信)
<公務員法改正案>閣議決定見送り(毎日新聞)

ホームに上がろうとした女性、地下鉄にはねられ死亡(読売新聞)

 11日午後10時50分ごろ、名古屋市中区錦2の地下鉄鶴舞線伏見駅で、愛知県日進市藤塚、病院職員立松佳恵さん(29)が上小田井発赤池行き電車にはねられた。

 立松さんは病院に運ばれたが、全身を強く打っており、間もなく死亡した。

 中署の発表では、立松さんが線路からホームにはい上がろうとしているところへ電車が入ってきた。ブレーキをかけたが間に合わなかったという。直前に、ホームにいた人が「危ない」という声を聞いたという。同署は立松さんが何らかの理由で線路に転落したとみて調べている。

 この事故で、後続の電車が約40分遅れるなどダイヤに乱れが出た。

教育の政治的中立 首相「当然」と答弁 衆参代表質問(産経新聞)
雅子さま、大きく改善=活動広げるには時間必要-宮内庁(時事通信)
エルニーニョ現象、春から夏に終息へ…気象庁(読売新聞)
小沢氏と近く会談=鳩山首相(時事通信)
無登録で海外ビジネス出資募る=容疑で家宅捜索-警視庁(時事通信)

鬼祭り 「アオー」青鬼駆ける 愛知・豊橋で無病息災願う(毎日新聞)

 五穀豊穣(ほうじょう)と無病息災を願う「鬼祭り」が10日、愛知県豊橋市八町通の安久美神戸神明社で始まった。1000年以上前から続くとされる国の重要無形民俗文化財。

【写真特集】北から南まで 日本の祭り

 裃(かみしも)姿の男たちと青鬼が「アオー」と叫びながら町内を駆け回った。男たちは「タンキリあめ」と一緒に白い粉を放り投げ、集まった人たちが粉をかぶりながらあめを奪い合った。あめを食べると病気にならず、白い粉をかぶると厄よけになると伝えられている。11日は本祭。午後2時からの赤鬼とてんぐが戦う「からかい」で最高潮を迎える。【加藤新市】

【関連ニュース】
文化審答申:漁労用具など5件、重要民俗文化財に指定
阿月神明祭:あす柳井・阿月で /山口
切手:えんぶり題材に初の販売--八戸郵便局 /青森
県文化財保護審:鍋島勝茂の甲冑など4件、県重要文化財に答申 /佐賀

真央生観戦まだ間に合う!「公式転売市場」でチケット狙え(スポーツ報知)
<マンション火災>1人暮らしの50歳女性死亡 名古屋(毎日新聞)
山梨市長選 竹越久高氏が無投票初当選(毎日新聞)
<平城遷都1300年祭>入札工事6件、くじ引きで落札--奈良(毎日新聞)
収納率、過去最低の88%=08年度の国保保険料-厚労省(時事通信)

川崎自民国対委員長「石川議員は辞職せよ」(産経新聞)

 自民党の川崎二郎国対委員長は4日夜、政治資金規正法違反の罪で起訴された民主党の石川知裕衆院議員に対する議員辞職勧告決議案を、自民、公明、みんなの野党3党が衆院へ提出したことを受けて、「議員の身分は重いが、責任も重い。しっかり受け止めて議員辞職すべきだ」と語った。

 また、自民党の谷垣禎一総裁は4日の記者会見で、不起訴となった小沢一郎幹事長の疑惑は解明されていないとして、国会で証人喚問を求めていく考えを示した。

【関連記事】
自公み3党、石川議員の議員辞職勧告決議案を提出
小沢氏を「嫌疑不十分」で不起訴に 刑事責任追及は困難と判断
石川議員ら3人を政治資金規正法違反で起訴
輿石氏会見「小沢幹事長は辞任する必要はない」
石川議員起訴なら自民、公明、みんなの党の3党で辞職勧告

首相動静(2月3日)(時事通信)
丸ノ内線運転見合わせ…ホームドアにトラブル(読売新聞)
未成年者の喫煙事情 甘い社会的規制を危ぶむ声も (産経新聞)
受験者は52万人=センター試験(時事通信)
教育の政治的中立 首相「当然」と答弁 衆参代表質問(産経新聞)

<無保険>高校生救済7月に開始 対象は1万人 厚労省通知(毎日新聞)

 厚生労働省は、親の国民健康保険(国保)の保険料滞納で生じた「無保険の高校生世代」の救済を7月1日付で始める方針を決め、全国の自治体に通知した。18歳以下の高校生世代にも短期保険証が発行され、保険料滞納世帯の子供でも通常の保険給付が受けられるようになる。

 通知は2月初めで、各市区町村は今後、コンピューターシステムの改修や対象者への通知の準備を進める。

 中学生以下の「無保険の子」については、09年4月の国保法改正で短期保険証交付が市区町村に義務化された。

 高校生世代は同年9月時点の同省調査で約1万人おり、同省は救済対象を広げるために、上限を「18歳に達した年度の年度末まで」とする国保法の再改正案を今国会に提出する。

 「無保険の子」救済では、当時野党だった民主党が08年11月、社民、国民新と3党で対象を「18歳未満」とする改正案を提出したが、与野党協議の過程で中学生以下となっていた。【平野光芳】

【関連ニュース】
協会けんぽ:10年度の保険料率大幅上昇、地域格差も拡大
全建国保:多数が無資格加入、都など徳島県支部を検査
国保保険料:08年度収納率は88% 過去最低
無保険の子:短期保険証1161人届かず 厚労省調査
国保:収納率90%割る 後期高齢者制度が影響--08年度

ダンピング競争慎んで 前原国交相が日航に苦言(産経新聞)
国内医療用医薬品の不振も、大幅な増収増益―塩野義製薬(医療介護CBニュース)
独法の仕分け、対象選定に着手=仙谷担当相(時事通信)
郵便不正第4回公判 「証明書受け取り」で応酬(産経新聞)
医師のネット言論などで報告書―日医懇談会(医療介護CBニュース)

「結婚したら尽くします」=サイトで「家庭的」演出-交際後に金無心・木嶋容疑者(時事通信)

 高級外車、フランス料理学校、高層マンション―。埼玉県警に殺人容疑で再逮捕された木嶋佳苗容疑者(35)はぜいたくな暮らしを続けながら、インターネットの結婚紹介サイトを通じて男性に接近、「結婚したら尽くします」などと持ち掛けていた。捜査関係者によると、結婚紹介サイトで「学生」や「ヘルパー」などの肩書きを使い分けて自己PR。「料理上手」「家事が得意」などと家庭的な女性を演出していた。不審死を遂げた4人を含む複数の男性に接近し、計約1億円を受け取っていたことが判明している。
 酪農が盛んな北海道東部の別海町で育った。同級生の母親は、大人びた性格と月3万円の高額の小遣いが印象に残っていると話す。高校卒業後の1996年、東京都内の私立大に入学。しかし、1年通わず除籍処分となった。その後は都内を転々とし定職に就いた形跡もない。2006年まで入居していた板橋区のマンション管理人は「印象が薄い」と振り返った。
 生活が一変したのは08年ごろ。同区内の別のマンションへ転居した後、滞納気味だった家賃の支払いは滞らなくなった。高級外車2台を続けて購入、東京・代官山のフランス料理学校に通い、高級ホテルやレストランで食事をした後、優雅な暮らしぶりを自分のブログに書き込む毎日が続いた。
 昨年8月には家賃22万円の豊島区の高層マンションに転居。「クレジットカードの分割払いを使い頻繁に買い物をしていた」(埼玉県警捜査幹部)とされる。
 中学の卒業文集には「出逢いを大切にしていきたい」とつづった。しかし、温かい家庭を築きたいという男性に金を無心し続けた疑いが強い。ぜいたくな生活に金は消え、「逮捕時、銀行口座に残金はほとんどなく、家賃も支払えないほど窮していた」(同)という。 

【関連ニュース】
連続不審死、35歳女を逮捕=会社員男性殺害の疑い
組幹部殺害容疑で男再逮捕=金銭トラブルが背景か
事件当日も行動をマーク=捜査員が女のアパートに
意識もうろうで川へ=被害男性に薬物か
処方薬、検出成分と一致=走行記録、販売日誌も分析

「普天間拒否」の稲嶺名護市政スタート 反米闘争勢力の拠点(産経新聞)
鳩山首相、小沢氏「潔白証明」を強調(読売新聞)
住宅火災、2人死亡=夫婦と連絡取れず-埼玉(時事通信)
<民放連>会長に広瀬・テレビ朝日顧問の3選内定(毎日新聞)
学テ、市町村名伏せ公開=京都府教委(時事通信)

夜勤72時間ルールの“救済案”、「根本的な解決にならない」―日医・中川常任理事(医療介護CBニュース)

 日本医師会の中川俊男常任理事は2月4日の定例記者会見で、中央社会保険医療協議会が審議している来年度診療報酬改定の個別項目(入院)について、これまでの議論に関する日医の見解を発表した。一般病棟の15対1入院基本料を引き下げるとする厚生労働省の方針に対しては、地方の看護師不足などから反対の立場を強調。一般病棟の7対1、または10対1入院基本料で看護職の月平均夜勤72時間以内の要件(夜勤72時間ルール)のみを満たせない場合に減額を一定程度抑える“救済案”についても、中川常任理事は「そういうものをつくることで、72時間が(算定要件として)固定化される。根本的な解決にはならない」との考えを示した。

 この日の会見では、(1)一般病棟の15対1入院基本料の引き下げ(2)夜勤72時間ルール(3)「栄養サポートチーム(NST)」や「呼吸ケアチーム」に対する加算など、チーム医療への評価(4)「介護支援連携指導料」の新設―の4点に関する見解を発表した。中医協の総会は(3)と(4)について、既に了承している。

 チーム医療の必要性について、中川常任理事は「全く異論はなく、賛成」との考えを強調。NSTと呼吸ケアチームに関する加算の施設基準などで、専門の研修が要件となっている点に関しては、地理的な理由などで職場を離れられない医療者も多いため、「提供されている医療そのものを評価するよう工夫してほしい」と要望した。
 一方、医療スタッフとケアマネジャーとの連携を促し、退院後のスムーズな介護サービス導入につなげる「介護支援連携指導料」については、「今回改定での新設に反対」との立場を改めて強調し、まず2008年度の報酬改定で新設された「退院時共同指導料2」を検証するよう求めた。

■72時間ルール緩和、「診療側はあきらめないで」

 来年度改定での夜勤72時間ルール緩和について、中川常任理事は「(中医協の)診療側の委員の方々はあきらめないでほしい。頑張っていただきたい」と述べ、「全面的でなくても、道筋は最低限付けてほしい」と求めた。一方、日本看護協会が主張している64時間への厳格化に対しては、「論外だ。全国的な看護師不足の中で、地域医療の現場をどう考えているのか」と切り捨てた。


【関連記事】
【中医協】医療職とケアマネとの連携を評価
【中医協】「夜勤72時間ルール」で四病協のアンケート結果を報告―西澤委員
【中医協】NSTや呼吸ケアなど、チーム医療で3加算を新設
【中医協】長期入院、毎月の「退院支援状況報告書」で減額せず
【中医協】重点課題のうち入院関連の改定案を提示-厚労省

<鳩山首相>小沢氏報道「冷静に見守る」(毎日新聞)
自民党診療報酬WGが厚労相に申し入れ書(医療介護CBニュース)
日医会長選に京都府医師会長が立候補へ 近畿6府県で推薦予定(産経新聞)
<JAL>ドラえもんジェット まもなく完成(毎日新聞)
ハイチPKOの派遣部隊1陣が出発 首相「誇りを胸に」 (産経新聞)

大久保被告、虚偽記入への関与一部認める供述(読売新聞)

 小沢氏の資金管理団体「陸山会」を巡る事件で、政治資金規正法違反(虚偽記入)容疑で逮捕された同会の元会計責任者で小沢氏の公設第1秘書・大久保隆規被告(48)(西松建設からの違法献金事件で公判中)が、東京地検特捜部の調べに対し、虚偽記入への関与を一部認める供述を始めたことが、関係者の話で分かった。

 大久保被告は同会の元事務担当者・池田光智容疑者(32)と共謀し、2007年5月頃、陸山会から出金され、小沢氏に渡されたとされる4億円を同年分の政治資金収支報告書に支出として記載しなかった疑いが持たれている。大久保被告は当初、関与を否定していたが、最近、池田容疑者からの虚偽記入に関する報告について、「そういうことがあったかもしれない」などと供述し、関与を認め始めたという。

小沢氏追及方針変えず=自民(時事通信)
<志布志市長選>現職の本田修一氏が再選(毎日新聞)
普天間「覚悟を持って決める」=5月末までに、首相言明-参院予算委(時事通信)
節分に「オニヒトデは外」 和歌山・白浜で駆除イベント(産経新聞)
鳥取不審死 上田容疑者 家電購入直後に転売 水死男性、頻繁に督促(産経新聞)

<岐阜市長選>告示 無所属の4人が立候補 2月7日投開票(毎日新聞)

 任期満了(2月23日)に伴う岐阜市長選は31日告示され、新人の元市立中教諭、大西隆博氏(44)▽現職の細江茂光氏(61)▽新人の会社社長、浅野真氏(41)▽新人の主婦、岩田良子氏(52)--のいずれも無所属の4人が立候補した。2月7日に投開票される。

 同市市議会は、市立岐阜商業高の学校法人・立命館への移管の賛否を巡り、自民党と民主党がそれぞれ分裂。昨春、移管は白紙撤回されたが、分裂の構図はそのまま残り、移管賛成派は細江氏、反対派は浅野氏を支持し、両候補の陣営を超党派の市議が支える。夏の参院選を前に、混乱の拡大を避けたい両党と公明党は、自主投票を決定。共産党は推薦・支持はしないが事実上、浅野氏を応援する。

 大西氏は元教師の立場から、教育の構造的改革などを訴えている。細江氏は市債の減少など2期8年の成果を強調し、「改革の継続」を訴える。浅野氏は法人市民税10%減税などを掲げ「チェンジを」とアピールする。【石山絵歩】

【関連ニュース】
津市長選:現職の松田直久氏が再選
久留米市長選:前副市長の楢原利則氏が初当選
本庄市長選:現職の吉田信解氏が再選
志布志市長選:現職の本田修一氏が再選
南城市長選:現職の古謝景春氏が再選

<福島県警>警部補ら7人、犯人隠避容疑で書類送検(毎日新聞)
「サンラ・ワールド」捜索=評論家増田俊男氏ら経営-50億集金か、無登録営業容疑(時事通信)
伊丹空港廃止、国交省が検討…橋下知事明かす(読売新聞)
パトカーが軽自動車と衝突=20代夫婦が軽傷-群馬(時事通信)
<調査捕鯨船妨害>衝突のSS船長から事情聴取 NZ当局(毎日新聞)

<名古屋ひき逃げ>別のブラジル人出頭 携帯使用の同乗者か(毎日新聞)

 名古屋市熱田区の国道交差点で1日未明、3人が死亡したひき逃げ事件で、事故車に乗っていたブラジル人の男が新たに一人、愛知県警に出頭したことが4日、県警への取材で分かった。男は運転者とは別の同乗者とみられる。県警熱田署特別捜査本部は、事故当時の状況や逃走の経緯について男から任意で事情を聴くとともに、道路交通法違反(ひき逃げ)容疑の適用も視野に捜査する。

 捜査幹部によると、出頭したのは、車内に残されていた携帯電話を使用していた同県小牧市の30代の男とみられる。男は特捜本部の事情聴取に「別の男が運転していた」などと話しているという。

 逃げた4人のブラジル人のうち、出頭したのは別の窃盗未遂容疑で逮捕された愛知県の日系人の男(32)を含め2人となった。【山口知】

【関連ニュース】
【事故の初報】ひき逃げ:歩道に車、3人死亡…男女4人が乗り捨て逃走
名古屋・熱田のひき逃げ:事故直前、時速100キロ超で逃走 県警の追跡振り切る
名古屋ひき逃げ:運転者は岐阜県内のブラジル人 行方追う
名古屋ひき逃げ:車内指紋、別事件と一致 逃走男から聴取
沖縄ひき逃げ:米兵を追起訴 読谷村・男性死亡

<交通事故>「嵐」の松本潤さん追突、けがなし…東京・目黒(毎日新聞)
【中医協】退院調整、手厚い体制への加算を新設(医療介護CBニュース)
子ども手当地方負担、計上せず…群馬県町村会(読売新聞)
<雪>交通機関乱れる…スリップ事故や転倒も 関東地方(毎日新聞)
【施政方針演説】全文(3)人のいのちを守るために「いのちを守る予算…」(産経新聞)

<掘り出しニュース>小学4年生が2分の1成人式 20歳への目標を立てる(毎日新聞)

◇「店を継ぐ」「漁師になる」… 72人が抱負披露

 【宮城】塩釜市の市立杉の入小で26日、10歳を記念する「2分の1成人式」が行われた。これまでの成長を振り返り、20歳への目標を立てようという同校の恒例行事で、4年生72人が元気に「2分の1成人」の抱負を披露した。

 体育館で行われた式には保護者らも出席。児童が事前に書いた「感謝の手紙」をうれしそうに受け取った。高橋裕司校長が、児童の写真を刷り込んだ「2分の1成人証書」を手渡し、「目標に向けて努力する人になってほしい」と激励。保護者代表の同市藤倉、伊藤幸子さん(38)は「たくさんの初めてを積み重ね、ここまで成長してくれた。次の成人に向け素晴らしい10年になりますように」との言葉を贈った。

 児童は一人一人立ち上がって決意表明。スポーツ選手、芸能人、学者など目指す将来像を披露したり、「おじいちゃんの店を継ぐ」「漁師になる」「頭のいい大人になりたい」などそれぞれの夢を語っていた。【渡辺豊】

【関連ニュース】
成人式妨害:騒ぎ、壇上を走る 容疑者5人を逮捕 秋田
成人式:男2人を逮捕、式進行妨害の疑い 長崎・佐世保
成人式:東海3県で12万人 初の“全員が平成生まれ”
成人式:エレベーター事故で亡くなった市川さんの母が出席
成人式:戦車と隊員綱引き 大分・陸自駐屯地が計画

<漁船銃撃>衛星位置情報が途絶 2隻、故意に切断の疑い(毎日新聞)
小沢氏、沖縄に土地 辺野古から9キロ投機か 17年購入(産経新聞)
保育所定員5年で25万人増、閣議決定へ(読売新聞)
保守勢力を集結 大衆組織設立へ(産経新聞)
2連敗の清水名人、切り替えに必死…将棋 女流名人位戦第2局(スポーツ報知)

充電器マルチ NPO運営、信用高める 逮捕の幹部ら 被災者支援PR(産経新聞)

 携帯電話のコイン投入式充電器がマルチ商法で販売されていた特定商取引法違反事件で、「MMS」(現・メディアクロス、大阪市)の実質経営者、友田龍生容疑者(37)らが、自然災害の被災者支援などを目的としたNPO法人を運営していたことが28日、関係者の話で分かった。活動資金はMMSの売り上げが充てられていたとみられ、大阪府警は、慈善事業をPRして顧客の信用を高めようとしていたとみている。

 このNPO法人は「ライフ・ボート・プロジェクト」(大阪府箕面市)。関係者によると、平成16年に任意団体として発足し、18年にNPO法人に移行。活動内容は「犯罪被害者への経済支援や災害被災者支援」となっている。

 元社長の石川和孝容疑者(52)は16年から代表を務め、NPO法人化するとともに理事長に友田容疑者が就任、石川容疑者や今西博章容疑者(39)らが一時副理事を務めていた。

 ホームページも作成しており、18年のジャワ島中部地震や19年の新潟県中越沖地震で現地にメンバーを派遣し、義援金を寄付したことなどを写真付きでPRしていた。NPO法人では携帯電話充電器の取り扱いはしていなかったとみられるが、MMSの関係者によると、顧客に寄付を呼びかけるなどしていたという。

 府警は28日、友田容疑者ら7人を特定商取引法違反容疑で大阪地検に送検した。

【関連記事】
携帯マルチ 「設置遅れは第3世代携帯への対応が原因」と説明
摘発の携帯電話充電器販社元社長「資金繰りでマルチ商法にシフト」
「マンション投資より儲かる」携帯電話充電器マルチ商法
売り上げ190億円 携帯充電器マルチ商法、幹部ら逮捕
「ネット仮想空間で確実な収入」 マルチ会社に業務停止命令

<人口移動調査>名古屋圏は転出超過に…09年(毎日新聞)
首相動静(1月30日)(時事通信)
2次補正、きょう午後に成立(時事通信)
橋下知事の「大阪府・市」解体再編構想が波紋(読売新聞)
民主・山岡国対委員長、首相の施政方針べた褒め 「国民の立場の演説」(産経新聞)

氷柱 荒川覆う“冬の芸術” 埼玉・秩父(毎日新聞)

 埼玉県秩父市大滝の三十槌(みそつち)を流れる荒川右岸が大きな氷柱(つらら)群で覆われた。

 あたりは山深い谷。寒さで岸壁からしたたり落ちる水が凍ってできた氷柱は、高さ10メートル以上から3段になり、幅も30メートルを超えた。岸壁に出現した自然がつくる氷の芸術を見ようと訪れる人も多い。

 2月14日までは午後5~8時(土曜と休日は午後9時まで)の間、ライトアップされ氷柱がブルーに変色し、幻想的な渓谷を演出する。【岡崎博】

【関連ニュース】
氷柱:神秘的光景に感激 光の芸術、小林さん制作--高山・氷点下の森 /岐阜
大寒:ぽかぽか 1月の観測史上最高、下仁田で気温19.1度 /群馬
蛇渕の滝:つらら出現 30・31日、キャンプ場で「冬籠り」--みやこ町 /福岡
氷瀑:自然の造形美--北杜の尾白川渓谷・錦滝 /山梨
赤目四十八滝:凍る、大日滝--名張 /三重

JR福知山線ATSトラブル(産経新聞)
替え玉殺人判決 尹被告「全部うそでしょ」 遺族「真実を」願いかなわず(産経新聞)
<民主党>「政権公約実現の会」が政治団体で届け出へ(毎日新聞)
<雑記帳>「塩竈の藻塩」の携帯ストラップ(毎日新聞)
小沢氏進退「世論見て判断」=仙谷担当相(時事通信)

市バスが電柱に衝突、14人負傷=京都(時事通信)

 25日午後4時20分ごろ、京都市中京区の二条通木屋町交差点で、京都市営バスが交差点の南西角の電柱に衝突した。乗客13人と歩行者1人の計14人が負傷しているもよう。京都府警五条署が事故原因を調べている。 

【関連ニュース】
路線バスと軽トラック衝突=乗客と運転手14人軽傷
年末年始の交通死86人=過去2番目の少なさ
初詣での観光バスが事故、33人けが=中央分離帯に衝突
山陽道で41台多重事故=6人軽傷、250キロ通行止め
幼稚園バスが事故、2人負傷=タクシーに追突

土佐弁で振り込め詐欺、都内で出身者狙う(読売新聞)
福知山線遺族ら意見陳述申し入れ=神戸検察審査会に(時事通信)
上げ馬神事 馬虐待?未成年に酒?三重県が適否調査へ(毎日新聞)
“鳥取詐欺女”6度目ついに殺人容疑で再逮捕!(スポーツ報知)
新幹線、停電で運転ストップ=新横浜-小田原間で沿線火災(時事通信)
プロフィール

Author:のぐちあきらさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。